【太宰府と大宰府】令和で話題の福岡県太宰府市!大宰府?それとも太宰府?違いを紹介します!

デブには胸肉、トリぞーです。

 

来月5月から年号が令和に変わりますね。

 

そして、令和の舞台となり、今話題沸騰の

 

福岡県太宰府市

 

でも太宰府大宰府

 

2通りの書き方があるのはご存知ですか?

 

どちらかが間違いという訳ではありません。

 

どちらも正しいです。

 

ですが、用途によって使い分けています。

 

今回は太宰府と大宰府の違いを紹介します。

 

 

ブラタモリでの説明

 

私は少し前から太宰府の歴史に興味があり

 

色々と調べていたのですが

 

正月のブラタモリで太宰府の歴史や地形についての放送がありました。

 

 

太宰府市職員がタモリさんに

 

太宰府大宰府の違いを説明しています。

 

 

職員「古代の『ダザイフ』を表す時は『大宰府』」

 

職員「地名や現代の『ダザイフ』を表す時は『太宰府』としています。」

 

 

なので地名である太宰府市は『太宰府』であり

 

現代の太宰府天満宮も『太宰府』となります。

 

そして、今回話題になっている観光スポットの

 

大宰府政庁跡は古代のものなので『大宰府』となります。

 

しかし、番組中タモリさんがあることに気づきます。

 

 

タモリ「あれ?さっきの太宰府趾って石碑、『太宰府』になってなかった?」

 

職員「ちょっとそこを責められると、苦しい…」

 

 

職員の説明に沿って考えると

 

太宰府趾は古代のものなので『大宰府』になるはずです。

 

でも実際は矛盾しています。

 

 

職員「最近こういう風に分けている…」

 

 

太宰府大宰府

 

意外と曖昧なのかも。

 

 

太宰府と大宰府の違い

 

ブラタモリでは結果的に曖昧な感じになりましたが、

 

もう少し詳しく紹介したいと思います。

 

大宰府とは

 

まず『大宰府』から。

 

大宰府の大宰とは百官の長の尊称です。

 

府とは役所のこと。

 

なので大宰府とは

 

『最高位の役人が任命されている最重要官庁』となります。

 

 

日本政府のお役所

 

日本政府のお役所には役割・担当を意味する名所がついています。

 

なので名所を見ると、その役割が分かります。

 

例えば防衛省は国を守る役割

 

外務省は外交を行う役割があります。

 

では大宰府はというと…

 

名所だけではだた、めっちゃ偉い人がいる役所!

 

としか分かりませんね。

 

でも、当時はしっかり役割があり

 

九州と壱岐・対馬の行政、

 

そして大陸との外交貿易を担当する役所でした。

 

 

お役所というより宮殿

 

大宰府が存在していた当時は

 

すでに地方制度が整備され、国の境界や名所が確定していました。

 

その国のリーダー国司は京から派遣される役人が

 

国守として国司を務めます。

 

あの菅原道真も讃岐国(香川県)に派遣され

 

讃岐守として働いていた時期もあります。

 

【藤原道真】人間の嫉妬って怖い!讃岐国に追いやられた菅原道真!

 

九州の各国に国司がいるのに

 

なぜ九州だけ、さらにその上部機関として大宰府があるのでしょう?

 

この疑問に対しては

 

国司の任務とされていない国家の外交や貿易を行うために

 

大宰府が必要だったという解釈が有力ですが、

 

それでけでは説明できない問題があります。

 

 

大宰府デカすぎぃぃぃー!

 

 

大宰府は宮殿のように巨大な建物だったのです。

 

外交や貿易を管轄する役所というにはあまりにも広大で巨大であり

 

建物は堅固で華麗であったとされています。

 

 

大宰府がある地域

 

当時の大宰府は巨大で華麗な建物でした。

 

この地域には大宰府があるだけだったのですが、

 

大宰府の南には大宰府に勤める役人や周辺住民の生活の場があり

 

大宰府と区別するために

 

大宰府がある地域を『太宰府』と名付けました。

 

 

まとめ

 

以上をまとめますと

 

大宰府は役所の名前

 

太宰府は大宰府があった地域の名前ということです。

 

なので『太宰府天満宮』は

 

太宰府地域にある天満宮なので『太宰府』です。

 

現在の太宰府市長も、太宰府地域の市長なので『太宰府』です。

 

そして観光スポット『大宰府政庁趾』は

 

大宰府政庁の跡なので『大宰府』となります。

 

このように大宰府と太宰府の違いを知ることで

 

さらに太宰府の歴史の奥深さを感じることができると思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です