【人吉日帰り旅】熊本県人吉市を観光。谷水薬師、青井阿蘇神社を参拝し桃李温泉石庭にて立ち寄り湯

いい海苔って高いんだぜ?トリぞーです。

 

ハイラックスを点検に出すことになり

 

代わりの車がすごく燃費がいい車でした。

 

そこで、たまにはドライブがてら温泉にでもと

 

ギリギリ日帰りで行くことができる

 

人吉に行くことになりました。

 

人吉温泉

 

 

人吉温泉とは熊本県の球磨川の上流に広がる温泉街です。

 

開湯時期は不明ですが

 

室町時代や戦国時代の偉い方も入った記録があるそうです。ザックリ

 

源泉は約50箇所ありますが

 

新しく掘られる源泉は、古くからある源泉より深く掘られるため

 

昔からの源泉のお湯の出が悪くなるらしいです。

 

 

谷水薬師

 

温泉も大切ですが、今回の1番の目的は

 

谷水薬師へ参拝です。

 

谷水薬師は日本七仏薬師の1つであり

 

病気回復のご利益があります。

 

知り合いが重い病気になり、参拝してきました。

 

売店が併設されている駐車場に車を停め

 

地図に従い少しだけ歩きます。

 

すると小さな橋と建物が

 

 

すごく雰囲気のある門構え

 

その建物には2体の仁王像

 

 

紙つぶて(濡れ紙)が病の場所にくっつくと

 

ご利益があると言われています。

 

この門の奥に少しばかり階段があり

 

 

階段を登ると本堂があります。

 

参拝は本堂の中で行うことができ、ろうそくや線香もあります。

 

 

 

人吉ぎょうざ 松龍軒

 

 

谷水薬師で参拝を終え、人吉市街で食事をとることに

 

目的の食事処が定休日だったため、車でぐるっと回りながら探しましたが

 

ない…

 

日曜の昼どき、私がただ探せないだけかもしれませんが

 

食事処が少ない!!

 

数少ない営業している店もうなぎ屋

 

うなぎは嫌いじゃありませんが、好んで食べることもありません。

 

しかも行列…

 

そしてやっと見つけた中華料理屋さんっぽいお店

 

松龍軒!!

 

学校帰りのゲーセンを思い出します。

 

お店に入りメニューを確認。

 

 

「(餃子が一人前、それと二人前、後は三人前…)」

 

店員「何人前にしますか?」

 

 

オンリー餃子です。

 

まさか旅行の昼食が餃子のみになるとは。

 

出てきた餃子は平べったい餃子でしたが

 

何かクセになる美味しさがありました。

 

隣の客が白ごはんを食べてたので注文すると

 

 

店員「ご飯はありません」

 

 

なんですと??

 

まさかの茶碗に入れたご飯持参??と思いましたが

 

メニューにはなく、人吉のパックご飯を販売しており

 

それをチンして食べることができるとのこと。

 

お昼は予想外の餃子のみでしたが

 

あとあと調べると人吉は餃子が有名みたい。

 

 

 

青井阿蘇神社

 

人吉には熊本県に現存する文化財として

 

唯一国宝に指定されている神社

 

青井阿蘇神社があります。

 

神社の歴史は詳しく知りたいのですが、難しいので写真だけ。

 

入り口の橋

 

 

鳥居

 

 

日本一渋い幼稚園 ※個人の感想です

 

 

手を洗う処

 

 

本殿

 

 

球磨焼酎

 

 

他にも国宝に指定されている建物がありましたが割愛

 

 

 

人吉温泉物産館

 

青井阿蘇神社の隣にはお土産処

 

人吉温泉物産館があります。

 

 

 

足湯もあります。

 

 

ここで私が買ったお土産を紹介します。

 

 

日奈久ちくわ!!ドン

 

人吉なのに日奈久ちくわ。

 

しかも写真は帰りのスーパーで買ったもの。

 

人吉温泉物産館にあった日奈久ちくわは車内で食べてしまいました。

 

物産館のは1つ1つが真空パックがしてありとても美味しかったです。

 

 

続きまして

 

 

球磨焼酎と馬刺し!!ドン

 

2つ出しです。

 

そして2つとも人吉温泉物産館のお土産ではありません。

 

人吉に来たのなら球磨焼酎を買わなければと

 

普段飲まない焼酎を前に謎の使命感

 

でも冷静に小さい瓶のものを選びました。

 

馬刺しは熊本市内にある精肉店で購入。

 

馬刺しはお土産屋で買おうとするとめっちゃ高いですが

 

手前の量で500円くらいでした。値段は部位で違います。

 

ちなみに奥は太刀魚の刺身、大好き。

 

人吉は関係ありません。

 

人吉温泉物産館では

 

日奈久ちくわと天草大王の肉味噌的なものを買いました。

 

天草大王とは天草の地鶏です。

 

この肉味噌は裏のラベルを見ると分かるのですが

 

材料のトップにネギ

 

その次にりんご果汁やなんやらあり

 

5番目くらいにようやく天草大王

 

なんとその次に玉ねぎ

 

食べた感想はネギです。

 

 

 

桃李温泉 石庭

 

人吉日帰り旅行も終盤

 

最後はやはり温泉です。

 

私はこの時、嫁に言われて初めて知ったのですが

 

高級温泉旅館の立ち寄り湯は早く閉まる

 

宿泊者優先なんでしょうが

 

実際に3施設ほど電話で確認しましたが

 

どこも14時くらいまでの受付でした。

 

そんなに早く温泉に入ったら湯冷めします。

 

そしてようやく見つけた立ち寄り湯が

 

桃李温泉 石庭

 

 

球磨川沿いにあります。入浴料は300円

 

安っす

 

これは私のど田舎地元温泉でも最低料金です。

 

そこまで古くなさそうなのに、なぜ?

 

男湯の暖簾をくぐるとそこにはこじんまりした部屋が

 

 

部屋自体は好きな雰囲気です。

 

感心なお風呂はっと…

 

 

んっ?あれは…

 

 

脱衣カゴ??

 

え?え?どこで服脱ぐの??

 

そこまで行くには階段を降りないといけないけど

 

スリッパとかないし。

 

自分の靴?それとも裸足?

 

色々考えていたら、下から裸のおじさんが階段を登ってきました。

 

 

「(やっぱりここで脱いで、裸で下まで降りるんだ)」

 

 

よし!!

 

服着たまま下に降りて、下で脱ごう!!

 

結果的にこれは正解でした。

 

入浴後に嫁から

 

 

「なんか裸の人が外にいたけど…」

 

 

そうです。この、下まで降りる階段は一応壁はあるのですが

 

 

結構外から丸見えです。

 

しかし、下に脱衣カゴがあるから下で脱ぐのは当たり前ですね。

 

温泉は最高でした。

 

気になる点は洗い場も外で寒いのと2箇所しかないこと

 

シャワーの水圧が弱い、お湯があんまり出ないくらいです。

 

 

 

おわりに

 

今回は日帰り人吉旅でした。

 

人吉と言うと私のイメージはSL人吉

 

てっきり走っているところが見れるかと思いきや

 

旅行中、普通の電車でさえ1回も見かけませんでした。

 

次回行く機会があれば是非、見てみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です