【値引き交渉】新型ハイラックスの購入価格と詳細を紹介!販売店によって価格は異なります。

ハイラックス

あんこの美味しさが分かり始める、トリぞーです。

 

私は今、SUZUKIワゴンRに乗っています。しかし、学生の頃から乗っている為走行距離ももうすぐ20万㎞

車検も半年後に切れます。なので、とうとう新車を購入しました。

購入した車はトヨタの新型ハイラックス

2015年に発表され、国産では13年ぶりと言われるピックアップトラックです。

 

しかし、ハイラックスを購入するって結構勇気がいると思います。

現に周りからは「よく奥さんが許したね〜」と言われます。

 

ハイラックスを購入する際に最も重要なこと。

それは購入価格

結果を言うと私は新型ハイラックスを3,550,000円で購入しました。

販売価格は4,105,904 

555,904円の値引きには交渉や各値引きポイントもあったのでこの記事では購入価格まで値引いた経験を紹介します。

できるだけ詳しく記載しましたので、「今、ハイラックスの購入を迷っている方」の参考になればと思います!

 

※その他にちょっとした注意点や情報も記載するので、すぐ値引き内容を知りたい方は「値引き交渉」まで進んでください。

 

購入理由

 

私はそんなに車へのこだわりはありません。

しかし、そんな私がなぜこんな個性溢れる車を購入しようと思ったかと言うと、

カッコいいこれに尽きます。

 

おそらく、車にこだわりがある方や詳しい方は性能だとか燃費だとか、いろんなところを吟味して車を購入するんじゃないかなと思います。

 

しかし、車にこだわりがない私は見た目がカッコいいということで購入を決意したのです。

さらに趣味がインドアからアウトドアに変化していったので、大きな荷台も魅力的でした。

インドアだけとハイラックスが欲い方はこちらの記事も覗いてみて下さい。

そんな人いないかもしれませんが…。

『【趣味はアウトドア】インドアな私がアウトドアになった話。』

 

 

新型HILUX ハイラックス

 

購入価格を紹介する前に、軽くハイラックスがどんな車か書きたいと思います。

全長5,335mm全幅1,855mm全高1,800mmピックアップトラックです。

実際見て、幅は特に大きいと思わなかったのですがとにかく長い

担当の方に聞くと種類にもよるんですがハイエースより長いとのこと。

 

しかし、試乗してみるとそれほど長さは気になりませんでした。

(仕事でハイエースを運転していた時があったからか?)

 

グレードは2種類、ZグレードXグレードがあります。

カラーはどちらも「白・赤・シルバー・青・黒」があります。

 

それぞれの販売価格である車体価格を紹介します。

車体価格のみなので、ここから税金等が追加されます。

 

Zグレード

 

Zグレードの車体価格は¥3,742,200

装備としては以下があります。

・LEDヘッドライト、フォグライト
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートエアコン
・スマートエントリー&スタートシステム
・6:4分割チップアップリヤシート

                    etc…

 

Xグレード

 

Xグレードの車体価格は¥3,267,000

装備は以下があります。

・ハロゲンヘッドライト、フォグランプ
・マニュアルエアコン
・ワイヤレスキー
・一体チップアップリヤシート

                    etc… 

 

 

試乗車

 

買う事は決定していたのですが一応試乗に行ってきました

試乗では少しだけ注意点があるので、紹介します。

 

ハイラックスは他の車と違ってどこの販売店にも置いてある訳ではありません。

私が住んている県には3ヶ所しかありませんでした。

なので最寄りのハイラックス試乗車を置いている○○トヨタ△△店へ。

現在は少しずつ試乗できる店も増えています。

 

試乗車はインターネットで予約することが出来ます

試乗してみたいという人は多いと思うので予約することをお勧めします。

 

私ごとですが、試乗も初めての体験で、試乗は「時間制・どこ行ってもOK!!」と中々のバカ丸出しな勘違。

試乗は販売スタッフが隣に乗り、車の説明をしてもらいながら決まったコースを走ります。

よくよく考えたら当たり前ですよね…

奥さんもバカ丸出しで、助手席に乗ろうとして営業スタッフから

「すみません、隣は私が…」

と言われていました。

 

試乗の感想としては「よく覚えていません。」

緊張していました。

 

販売店を決める

前置きが長くなりましたが、ここからが購入価格が決まる値引き交渉に入ります

トヨタの車を購入するには当たり前ですがトヨタ車販売店に行きます

私は試乗を行って、そのまま○○トヨタ△△店で見積もりを出してもらいました。

 

しかし、トヨタの販売店は他にも色々あるみたいですね。

結果を言いますが、最終的に〇〇トヨタではなく他県の××トヨタお店にしました。

 

理由は奥さんの友人に他県の××トヨタの方がいて、最寄りの××トヨタの店長を紹介してもらったからです

 

最初に行った○○トヨタ△△店の方は

「車体価格を-30万します!!」

「今乗っている車の下取りは限りなく0なのですが、お気持ちだけ付けさせて頂きます。」

とのこと。

 

後日、試乗車は置いていないが最寄りの同じ〇〇トヨタ□□店に行くと

「-30万??それは無理だと思います。」

「ここでは車体価格-20万、下取りを10万でどうでしょうか??」

とのこと。

 

話からすると最初の△△店の方が気持ち分安くなるのかな。

 

後日、△△店へ行くと

「-30万!?そんなの言ってないですよ。」

「それに□□店に行ったでしょ?同じ〇〇トヨタなら、どこの店舗に行っても値引きは一緒ですよ?

「□□店が近いならそっちで買った方がいいんじゃないですか??」

 

少しキレそうになりました。少しだけですね。

 

-30万なんて言ってないと言われたり(私の聞き間違いかもしれませんが)、□□店のスタッフも他の店舗で買っても値引きは同じと教えてもらいたかったです。

同じトヨタ販売店ならお客さんの情報はツーツーなんですね。

 

ということで、近くの〇〇トヨタではなく、

隣の県(家は県境)の××トヨタで契約をすることになりました

ちなみに他県を跨いで車を契約した際、持込登録料というお金がかかります

 

 

見積もり

 

やはりここが一番大切なところだと思います。

まずは最初の〇〇トヨタでの見積もり。

私はZグレード車体価格¥3,742,200で見積もりを出してもらいました。

 

そこに消費税などが加わり車体価格は ¥3,937,680

そして税金やら保険料やらが ¥168,224

 

この2つを足して乗り出し価格(販売価格)

合計 ¥4,105,904 
                     ※〇〇トヨタ△△店見積

 

目ん玉飛び出るかと思いました。

年末に地元の友人と飲んでいて乗り出し価格は??」との質問に乗り出し価格ってなに??」と質問で返答。

 

こんなに価格が上がるものかと、営業スタッフの前で意味不明な「ふ〜ん」とのカッコつけぶりです。

Sponsored Links

あまりにも動揺してしまい、値引きする間も無く見積もりを持ち帰りました。

 

その後色々勉強して、自分流の見積もりを出しました。

その合計金額は¥3,500,000 

 

そして最終的に交渉の末、××トヨタでの見積もりで

¥3,550,000 となりました。

                                    ××トヨタ見積

        

値引き交渉

 

値引き交渉の結果、3,550,000円でハイラックスを購入することになりました。

555,904円の値引きです

その内訳を紹介します。

 

車体価格

 

色んなサイトを見ましたが、車体価格の値引きは10%引き出来たら合格とありました

ハイラックスZグレードでいうと値引きは-374,220円となります。

 

結果をいうと、この金額の値引きは出来ませんでした

ハイラックスは他に競合する車がないらしく、最高で-200,000円が限界との事でした

 

しかし、私は販売店・店長を紹介してもらったこと、10%の値引きが出来るはず!との交渉の末、車体価格から¥280,000円となりました。

本当かはわかりませんが、トヨタ社員より多い値引率だそうです。

80,000円は店長を紹介(販売店を決めるに記載)してもらったことが重要だったと思います。

 

 

税金・保険料等

 

税金・保険料等は交渉して値引きできるものではありません

しかし、この中には代行費用と付くものがいくつかあります。

いろんな手続きを自分で行う事で費用を抑えることが出来ます。

 

車庫証明手続代行費用納車費用がこれに当たります。

車庫証明代行費用の場合、自分で車庫証明の書類を作成・申請

そして納車費用では納車時、自宅に届けてもらうのではなく、ディーラーへ車を取りに行く。

これで23,000円となります。

 

 

下取車査定料

 

私の乗っている車は20万㎞走っている軽自動車。

下取価格は最も安い金額がすでに提示してあり、これが出せる限界だと言われました。

 

ということは逆に言うと、査定をする必要はないってことです

なのでこの下取車査定料はかからないのでは?

交渉の末、ここでは-10,000円

 

 

JAF契約金と保証

 

JAF契約金保証プランと言うものがあります

JAFはいつでも入れるとの事で今回は外し、保証プランは〇〇トヨタにはあるのですが、××トヨタにはなかったので、これも外れることになりました。

 

 

付属品

 

車体価格以外に付属品というものにも価格が上乗せされます。

主な付属品として

サイドバイザーカーナビフロアマットがあります。

 

サイドバイザーとは窓の上に付いている雨などが入らないようにするカバーです。

これって付属品だったんですね…知りませんでした。

価格は55,000円

安くはないですね。付けません!!

 

サイドバイザーが付属品と知り、街ゆく車を観察してみました。

すると、高級な車ほどサイドバイザーは付いてません。

 

そしてサイドバイザーが付くと、一気にカッコ悪く見えてきて見積もりから外しました。

しかし、担当スタッフに聞いてみると、サイドバイザーがないと雨の日にハンドルを左に切った際、どえらい事になるそうです。

ですが、後からも付けれるとの事でした。

 

購入後2年経過しますが、サイドバイザーがなくて困ったことはありません

 

カーナビに関しては知り合いの整備士が後から安いのを付けてくれるので、ここでは見積もりから外します。

ですが、カーナビを付けないとバックモニターが機能しません

ハイラックスにバックモニターは必須だと思います。

フロアマットは購入しました。

 

ベッドライナー

 

付属品の中にはベッドライナーというものがあります。

これは塗装丸出しの荷台に傷が付くことを防ぐことができます。

 

ハイラックス購入の際には話に上がらなかったのですが、後日スタッフから話を伺ったので紹介します。

『【ベッドライナー】ハイラックスの荷台のカバーについてディーラーに聞いてみた!』

 

 

車庫証明

 

ハイラックスの場合、一般の普通車と比べ全長が長いです。

なので購入の際は事前に車庫証明が下りるのかを確認することをオススメします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【駐車場に注意】大きい車の車庫証明に必要な基準を紹介します!

 

 

その他

 

他には納車時ガソリン満タン希望ナンバー費用無料

代車2ヶ月以上無料(通常は1ヶ月程度)

振込は納車のギリギリまで良いとの事でした。

 

ガソリンに関してはハイラックスは軽油となるのでレギュラーよりは低価格になります。

しかし、燃費はやはりそんなに良くありません。

ここがハイラックス購入に対してネックになる方が多いと思います

 

確かに良くはありませんが、決して悪い訳でもありません

ハイラックス購入後、2年近く走行した燃費やガソリン代を紹介しています。

『【ハイラックス】新型トヨタHILUXの気になる燃費を紹介します!!』

『【燃費比較】ハイラックス&ヴォクシー・ステップワゴンのガソリン代はどっちがお得?』

 

 

おわりに

 

今回は初めての新車購入、さらにそれが話題の新型ハイラックスだったので、何かの参考になればと思い、契約までの流れを紹介しました。

 

車は高価な分、色んな方法で価格を下げることができると実感。

それにはやはり紹介が大切だと思います。

 

契約後は色んな人に自慢しました。

ある方に30年乗りますよ!!と話すと「ガソリン車に乗ったら罰金!みたいな時代が来るかもね」

と言われ、黙り込んでしまいました。

 

ちなみに納車は早くても8ヶ月後です。※2018年現在

 

 

Sponsored Links

コメント