【大賀酒造】福岡県で一番古い酒蔵の大賀酒造で開催された酒蔵びらきに参加してきたので報告します!!

ポケットの中にはカルパス、トリぞーです。

 

今回は福岡県筑紫野市二日市にある大賀酒造株式会社の酒蔵びらきに参加してきました。

 

大賀酒造

大賀酒造株式会社は福岡県で最も古いとされている酒蔵です。

 

 

江戸時代、大賀酒造の元である大賀家は庄屋をしていました。

 

そこには米がたくさん集り、敷地内に湧く宝満川からの綺麗な井戸水にも恵まれたことにより

 

酒造りが始まったとされています。

 

 

所在地

大賀酒造の所在地は福岡県筑紫野市二日市中央4丁目9番1号。

 

最寄りの駅は西鉄二日市駅となります。

 

 

他にもJR二日市駅からも近いです。

 

西鉄二日市駅の西出口から出て踏切の方に向かいます。

 

横断歩道を渡り

 

 

少し狭い道を直進

 

 

すると駅から徒歩3分くらいで大賀酒造に到着。

 

 

時刻は午後2時

 

大賀酒造へ続く橋は日本酒愛好家で一杯。

 

 

特性ぐい呑み

 

酒蔵びらきの醍醐味と言えばやはり

 

試飲!

 

ここ大賀酒造酒蔵びらきの試飲は特性ぐい呑みと言われるお猪口を購入します。

 

1個100円

 

するとすぐそこに最後尾とのプラカードを持った係の方が。

 

ずらっと行列ができています。

 

 

行列はそのまま蔵の中へ。

 

 

行列の両サイドに試飲の酒を持ったスタッフの方がいます。

 

大賀酒造酒蔵びらきの試飲は

 

蔵をぐるっと一周しながら、その途中にいるスタッフから注いでもらうスタイル。

 

両サイドのお酒は同じなので2列になって飲みながら進みます。

 

 

最初の試飲は『純米新酒』

 

私は日本酒は大好きですが、味の詳しい違いはわかりませんので

 

味の説明は割愛。

 

次は『にごり酒』

 

 

うまい。

 

角を曲がって

 

 

3つ目は『ゆめほたる』

 

 

アルコール度数が9%と低く、白ワインのよう。

 

日本酒最後の試飲は『しぼりたて生原酒』

 

 

やっぱり酒蔵びらきといったらしぼりたての酒です。

 

うまい。

 

日本酒の試飲は4種類

 

そのあとは梅酒の試飲が4種類ほどあります。

 

 

私はあまり梅酒を好んで飲まないので写真はこれしか撮ってません。

 

この他にマンゴー梅酒というものもありました。

 

出口には流しっぱなしの水。

 

 

ここで手やお猪口を洗ったり、水を飲んだりできますが

 

これ仕込み水でした。

 

これで試飲は終了。

 

試飲は列に並ぶと何回でも行えると思いますが注意も必要です。

 

試飲を行っている蔵の中は

 

食事禁止!

 

これが結構効きます。

 

1回の試飲の量はお猪口1杯ですが、すぐに次の試飲がきます。

 

私はそんなにお酒が弱くはないですが、

 

つまみも無しにこの試飲は少しキツかったです。

 

試飲の行列は午前11時くらいから多くなるそうです。

 

 

有料試飲

特性ぐい呑みによる試飲の他に有料の試飲があります。

 

 

おそらく、ぐい呑み試飲よりランクが上の酒でしょう。

 

そしてここにお目当の酒が

 

 

『筑紫野』

 

真ん中にある酒です。

 

この酒、近所のスーパーに売ってある中でダントツに高い

 

一升瓶で5000円以上します。

 

いつかは飲みたいと思っていました。

 

試飲の価格は300円、量としてはお猪口よりほんの少し量が多いかなってくらい。

 

少し物足りませんでしたが

 

味は今まで飲んだ酒の中で1番スッキリとしています。

 

他の日本酒の試飲は200円で出来ます。

 

 

販売ブース

試飲により気に入った酒があれば

 

奥の販売スペースで購入できます。

 

 

 

飲食スペース

購入した酒は会場で楽しむことができます。

 

 

写真の他にも会場の入り口に4張りほどテントがありました。

 

会場にはビールを始めとする他社のお酒は持ち込み禁止です。

 

でもやっぱり持ち込んでる人がいました。

 

マナーは守って欲しいものです。

 

トイレ

 

トイレは1ヶ所ありましたが、結構混んでいました。

 

 

おわりに

今回、福岡県筑紫野市二日市にある大賀酒造の酒蔵びらきに参加してきました。

 

先月参加した福岡県久留米市の城島酒蔵びらきが記憶に新しかったため

 

少し規模が小さく感じました。

【城島酒蔵びらき】色んな日本酒を飲み比べ!福岡県久留米市城島の酒蔵びらきの楽しみ方を紹介!!

 

会場には奈良漬や明太子の販売はあったものの、出店っぽいブースはなかったと思います。

 

そんな時にはやっぱりカルパス

 

飲食スペースが空いてなくても片手でスッとつまむことができます。

 

あまり道端などで座って飲食をすると交通の邪魔になるので

 

飲食スペースで楽しみたい方は

 

午前11時前に来場することオススメします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です