【稲佐悟真寺国際墓地】あまり知られていない?長崎市の隠れた観光スポットに行ってきました!!

洗濯はやっぱり外干し、トリぞーです。

 

皆さんは長崎の観光スポットと聞いてどこを思い浮かべますか?

 

めがね橋グラバー園ハウステンボスなどなど

 

色んな有名な観光スポットがありますが、今回はこちら

 

『稲佐悟真寺国際墓地』ドン!!

 

悟真寺

悟真寺とは長崎市にある浄土宗の寺院であり、正式名称は終南山光明院悟真寺です。

 

長崎は日本にキリスト教が広まるきっかけとなった場所です。

 

1580年、長崎のキリシタン大名大村純忠により寺社仏閣が壊されました。

 

これにより長崎ではキリスト教の力が強くなり、その現場を重く見た筑後国・久留米善導寺の僧侶が1598年に仏教布教の拠点として悟真寺を建てたとされています。

 

この1年前、豊臣秀吉のキリシタン禁止令によりカトリック神父6名、日本人信徒20名が処刑されています。

 

本堂は原爆により倒壊しましたが、1959年(昭和34年)鉄筋コンクリートにて再建されました。

 

外国人墓地

 

悟真寺の敷地周辺には日本人の墓地の他に、「唐人墓地」、「オランダ人墓地」、「ロシア人墓地」、「稲佐国際墓地」の4つの外国人墓地があります。

 

これを稲佐悟真寺国際墓地といいます。

 

 

当時長崎によくきていたオランダ人は外国人墓地ができるまでは、水葬されていました。

 

しかし、1654年悟真寺の一角がオランダ人墓地となり、船上や出島で亡くなったオランダ人はここに埋葬されました。

 

1859年、開港で外国人来航者が増え、さらにロシア人とアメリカ人の墓地が設けられ

 

名実共に国際墓地となりました。

 

長崎のホテルに宿泊し、カフェコーナーで雑誌を読んでいて

 

この稲佐悟真寺国際墓地の存在を知りました。

 

どんな雑誌かは忘れましたが他には小浜食糧の歴史についても載っています。

 

 

クルス大好き。

 

長崎出身の私、地元の観光地はそこそこ知ってるつもりでしたが

 

稲佐悟真寺国際墓地の存在は知らず

 

そもそも墓地が観光地って…

 

ですが特に予定がなかったので行ってみることに。

 

場所は稲佐山の麓近く

 

初めはやはり少し不気味なでしたが

 

徐々に慣れてきたのか、なんとなく悪くない雰囲気

 

少しカッコつけてパシャり

 

もう1枚パシャり

 

 

階段の両サイドのレンガがすごくいい感じです。

 

ちなみにオランダ人墓地の鉄柵と赤レンガの塀は1918年にオランダ政府によって設置されたそうです。

 

外国人墓地のためお墓には十字架が

 

ここにはキリスト教のお墓以外のお墓もあります。

 

 

その他にもいくつかの彫刻

 

 

稲佐国際墓地の上からは長崎市の街並みも見ることが出来ます。

 

 

 

おわりに

今回はたまたま雑誌で見つけた稲佐悟真寺国際墓地に行ってきました。

 

最初は墓地に観光?という気持ちもありましたが、実際行ってみると

 

不思議な雰囲気漂う場所でした。

 

雑誌や長崎市のホームページにも紹介されているところなので、是非行って実際に私が感じた雰囲気を皆さんも感じてみて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です