【自作チャークロス】アパートのベランダでチャークロスを作ってみた!!

最近した贅沢はピザ1枚喰い、トリぞーです。

 

段々と涼しくなってきた今日この頃、アウトドア欲もより一層深まります。

 

私の最近のトレンドは火起こしです。

 

焚き火が好きで、キャンプの際は夏でも必ず焚き火をするのですが、その火をどうやって起こすかにこだわりが出てきました。

 

今まではまず炭に火を付けて、そこから薪を投入。

 

以前は炭に火がつく過程が好きで、焚き火はおまけみたいな感じでした。

 

しかし、段々と焚き火自体が好きになり、今では火起こしからしっかりしたいと思うように…

 

そこで知った「チャークロス」

 

今回はそのチャークロスを自作して見ました。

 

チャークロスとは?

チャークロスとは綿100%の布を炭化したもので、ちょっとした火花でも火をつけることが出来ます。

 

最近ファイヤースターター(火打ち石)を購入したので、火起こしの為にチャークロスが必要となりました。

 

チャークロスを買おうと思うと、ホームセンターなどでは見たことなく、ネットでは500〜1000円

 

ちょっと買おうとは思いません。

 

正直いうと、チャークロスの存在を知って買うという考えより「作る」という考えが先に思い浮かびました。

 

本当に簡単にできるので買う必要ありません。

 

必要な道具

準備した道具はこれ

真ん中にある変な陶器は使いません。なぜここに写っているのかも分かりません…

 

チャークロスの為に購入したものは左の茶色のフタ付きの缶だけです。100円!

 

あとは家にあるもので、ハサミ、アルミホイル、木、ロウソク、ハンマー、ペグ

 

そして作る途中で分かったのですが、ロウソクは使いませんでした。

 

正確に言うと使えませんでした。

 

写真にはありませんが、カセットコンロを使用しました。

 

材料

チャークロスの材料は綿100%の布です。100%じゃないとダメなのかと聞かれると、

 

分かりません。綿の割合が多ければできるかも知れませんね。テキトー

 

布も缶と一緒に購入しようとしたんですが、出来るだけお金を使わない方がカッコいいので、家にあるいらない手袋を使用。

 

自作開始!

道具と材料がそろったのでさっそく作っていくことに。

 

場所は自宅アパートのベランダですが、後々大変なことに…

 

缶の蓋に穴!

まずは缶の蓋に穴を開けます。

 

ちなみに缶の素材はブリキと書いてありました。普通の缶なら何でもいいと思います。

 

あとで缶に火をつけるので、穴を開けないと蓋が吹っ飛ぶと思います。テキトー

 

ペグとハンマーを使用して一発

今後も缶はずっと使うと思うので穴の周りの危ないところもハンマーで軽く叩いて、いい感じにします。

 

布を入れる!

手袋を適当な大きさに切ります。たくさん作ろうと欲張って小さく切ってしまいました。指のところはめんどくさくなってそのまま缶に入れます。

 

火をつける!

材料の布を入れたらフタを閉めて、火を付けます。

 

釜戸はこんな感じ。

 

上記にもありましたが、これは失敗です。

火力が全く足りませんでした。

 

何でロウソクでいけるって思ったんでしょうね…

 

ネットでは缶をキャンプしながら焚き火の中に入れたりしていたのですが、ここなアパートのベランダ

 

そこで使用したのがカセットコンロ

缶が小さいので台を置いています。これは直火式のエスプレッソマシンに付いてきたやつです。

 

残すは火をつけるだけ

 

火力はマックスでいきました。

 

すぐに穴から煙が出てきました。

後は煙が出てこなくなったら完成!

 

と、思いきやアクシデント発生

 

思いの他大量の煙が出てきました。焦って写真が撮れないほど…

 

アパートのベランダだとリアル苦情がくるレベルです。

 

と言いますか、消防車呼ばれるかもとも思いました…

 

とっさに火を消しましたが煙が止まらないのでアルミホイルで包みました。

 

本来なら煙が出なくなるまで熱して、その後アルミホイルで包んで冷えるまで待つらしいです。

 

結果

缶が冷えるまで待ち、フタを開けると

おー!!それっぽい!

 

中には黒ではなく茶色くなっているものもありました。これは熱し不足によるものだそうです。

 

ベランダで火花を飛ばしてみると、本当に小さな火花でも着火しました。

 

成功です。

 

今度のソロキャンプで実践してみたいと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です