【黄波戸温泉交流センター】山口県長門市にある黄波戸温泉に行ってきました!

 電子レンジの解凍で、解凍できたためしがない、トリぞーです。山口県長門市にある黄波戸温泉交流センターに行ってきてので紹介します。

 

概要

 

 黄波戸温泉交流センターは山口県長門市の深川湾を望む高台にある日帰り入浴施設です。湾に沿って対岸には青海島や仙崎が一望でき、夜には漁火などを眺めることもできます。

 黄波戸温泉は北長門海岸国定公園の風明媚な海浜にあり、宿泊施設はホテルと旅館が一軒づつあります。近くには黄波戸漁協があり、そこから直接仕入れた新鮮な海の幸が名物となっています。
 温泉交流センターはより山側に位置し、黄波戸の湯を引湯しています。

アクセス

 所在地は山口県長門市日置上3137番地1です。自家用車でお越しの場合は中国自動車道美弥ICから国道316号線を経由し、約60分ほどかかります。公共交通機関を利用される場合はJR山陽本線「長門古市駅」からタクシーで約10分、JR山陽本線「長門市駅」からタクシーで約20分となります。
駐車場は無料で約50台ほど駐車することができます。

※古市タクシー 0837−37−3194

 

営業時間

 営業時間は午前10:00〜午後9:00です。しかし9月から4月の間は閉館が午後8時になるので注意してください。
 休業日は毎週月曜日です。月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日が休業となります。その他は
12月31日と翌年の1月1日となっています。

 

入浴料

 中学生以上は400円、小学生以上は200円、1歳以上は100円となっています。貸しタオルはありませんので持参して下さい。

 

館内

 入口で入浴料を支払うと同じフロアに2つのソファがあります。その他に横になれるスペースはありませんでしたが、素朴な雰囲気が漂い、心地よかったです。ただソファに一人づつ座っていると私は座ることができません。笑
 そしてこちらの施設は入口でスリッパに履き替えるようになっているので気になる方は靴下を忘れずに。裸足だと少し浮くかなって感じがありましたが、浴室でスリッパがなっくなったのでその後は裸足で過ごしました。

 

脱衣所

 脱衣所は人も少なかったこともあり、あまり狭さは感じませんでした。新しさはないですが、照明も明るく清潔感を感じました。ロッカーは有料で10円を入れて鍵を回すと下に落ち返ってきません。
 ロッカーを開けると細い木の棒が入っています。最初は忘れ物かと思いましたが、隣を見るとその棒でロッカーの扉が閉まらないようにするつっかえ棒としてお客さんが使っています。めちゃくちゃ便利!ってわけではなかったですが、高級温泉施設にはない暖かさがあります。
 その他にはベビーベッドがありました。表記はなかったのですが、もしかしたら日によって男湯と女湯が入れ替わるかもしれませんね。

 

浴室

 浴室に入るとまず目に飛び込んでくるのは海側にある大きな窓です。窓からは深川湾を一望することができます。浴室の広さはそこまで広くありませんが、大きな窓があるからか開放感があり窮屈な感じはしませんでした。蛇口は10ヶ所程度あり、横の仕切りはありません。
 肝心なシャワーの水圧ですが、やや弱さがありました。しかし、場所によって水圧が変化するので気になる方は移動してみて下さい。シャワーはプッシュ式です。

 

浴槽

 浴槽は内湯に1つ、外湯に1つあります。内湯は窓側にあり、ギリギリ泳げるかなといいう程度の広さです。湯加減は本当に丁度いいくらいですが、私はぬるいお湯が好きなので物足りないと感じる方もいるかもしれません。いざ肩まで浸かろうと、浴槽の底に座るとなんと深川湾が見えない…。しかし浴槽には段が1つあるのでそこに座るとなんとか見ることができました。もう少し身長が欲しいですね。

 外湯は大きな石を使って浴槽が作られています。広さは内湯の1/3程度です。やはり外湯は開放感があり眺めも格別なのですが、こちらも浴槽の底に座ると海が全く見えません。少し深さがあります。段差もなかったので、こちらは仁王立ちで深川湾を眺めます。これはこれで悪くはありません。

 

評価

 

おわりに

 今回は山口県の元乃隅稲荷神社がメインの旅行だったのでその近くにある黄波戸温泉を選びました。

【元乃隅稲成神社】CNN「日本の美しい場所31選」に選ばれた山口県長門市の神社を観光!

 そのなかで黄波戸温泉交流センターは海が見えることが選んだ理由でしたが、行ってみると交通の便が悪いこともあるのか、観光客の姿はほとんど無く、地元の方に愛される昔ながらの温泉施設の雰囲気がとても私好みであり、是非近くにお越しの際は立ち寄ってみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です